オートロック 平和オートロックシステム AUTOLOCK

オートロック・錠前・防犯システム等、セキュリティ分野のトータル開発・設計・サポートは電子錠、電気錠を得意とする平和電気におまかせください。

会社情報 採用情報 アクセスマップ
ホーム
ニュースリリース
製品案内
開発ストーリー
防犯対策について
お問合せ
新製品 HAL-418型 「Mr.タッチ」4登場
AUTOLOCK®
平和電気の商標です。
滝口代表にきくAUTOLOCK開発ストーリー STORY OF DEVELOPMENT
滝口代表が語る開発ストーリー

オートロック 電気錠 開発ストーリー

現在では、オートロックという名で浸透している”電気で制御するカギ”、平和電気では現在より半世紀以前の1960年代より開発に力を注いでまいりました。

ここでは、現当社代表滝口より開発当時のエピソードを語っていただきました。

PAGE 1/4

AUTOLOCK 写真

オートロック発売開始 開かない鍵??

■開発当時の思い出などありましたらお聞かせください。

滝口代表 写真

平和電気が設立された当初、私はまだ大学へ通う学生でしたが、電気錠オートロック)の開発現場にはよく出入りしていました。
東京オリンピックが開催され、日本中が熱気に包まれていましたね。
その当時、私は文系の大学へ通っていたのですが、開発現場でいろいろな作業を見ているのが好きでした。

■電気錠の発売当初は、どのようなところに設置される方が多かったんでしょうか?

AUTOLOCK ロゴ写真

当時は現在のように防犯意識はそれほど高くなかったせいか、企業施設などへの導入は少なく大きなお屋敷の勝手口に設置されることが多かったようです。主に、出入りされている業者さん用でしょうか?サザエさんのさぶちゃんといったような方ですね。
そのため、発売開始当時は大手のデパートで販売されていました。
そのころオートロックはまだ浸透していなく、出入りされていた業者さんなどは使い方がわからない方が多かったようですね。

装置 写真

当社で開発している電気錠は電気ストライクという電気錠で、ドア枠側に扉を施錠、解錠する装置を取り付けます。 そのため、既存の扉には設置が容易ですが電気錠の解錠作動状態ではドアノブは回りません。

■ドアノブが回らないと、カギがあいているのかわかりにくいですね。

滝口代表 写真

解錠後はそのまま扉ごと押して(又は引いて)いただければ扉は開くのですが、ドアノブが回らないことで「カギが開いていない」と思われる方が当時は多かったようですよ。
実際に「動作しない」とか「故障ではないか?」などのお問合せが多かったようです。
現在は、オートロックが普及しているせいか、そのようなお問合せはあまりいただきませんね。

PAGE 1 2 3 4
次へ
ホーム / ニュースリリース / 製品案内 / 開発ストーリー / 商標について
会社情報 / 採用情報 / アクセスマップ / お問合せ
オートロックのシステム開発・設計 平和電気株式会社
〒212-0004 川崎市幸区小向西2丁目22番地
TEL 044-522-0341(代) FAX 044-522-0346